梅毒検査の結果を知る方法について

no

梅毒検査をする前に、気になるのが、結果の確認方法です。
実は、検査を受ける場所によって異なります。

知らずに、梅毒検査を受けたけど、結果の確認が出来ない・・・何てこともあります。
しっかりと結果の確認の方法を知っておきましょう。

ここでは、検査を受けることができる機関で異なる結果の確認方法をまとめました。

ちなみに、大きく3つで梅毒検査を受けることができます。

  • 保健所
  • 検査専門の病院
  • 郵送の性病検査キット

便利なのは検査専門の病院と郵送の性病検査キットです。

保健所

保健所で結果を確認するには、決められた日に再度いく必要があります。

匿名ということで本人がいく必要があります。
当たり前ですけど、代理で変りに行っても重大なプライバシーに関わることなので教えてくれません。

そして検査が無料なので、サービスも悪いです。
「保健所にいく」しか方法がないです。

結果までの日時はおおむね2週間。

なかなか検査をしている保健所が少なかったり、時間に余裕がない場合は保健所での検査は難しいです。

検査専門の病院

保健所とは異なりサービスが良いです。
その代わり、自由診療なので、最も代金が高いです。
梅毒1つの検査の相場は8000円ほどで、HIVをあわせると1万円を超えます。

結果を知る方法は、メールや電話で確認できるようになっているので、再度来店する必要はありません。

金額さえ問題なければ専門家に任せるので確実です。

結果を知るまでの時間は、基本的な検査では1週間が目安です。

病院のある場所が限られるので、大都市に住んでいたりようがある人には向いています。

郵送の性病検査キット

専門の病院よりも安く、時間がかからないメリットがあります。

その代わり、自分で採血をする必要があります。
相場は梅毒1種で3000円台でHIVやB型肝炎を含める検査をしても1万円以下です。

特に梅毒はHIVと感染経路が似ているので、重複感染も疑われるので一緒に検査しておくといい病気です。
保健所ではHIVは必須項目になるのでいいのですが、病院ではわざわざ項目を増やし、代金を多く支払わなければいけません。

まとめて検査するには、郵送の性病検査キットはとても便利です。

結果を知る方法は、メールや電話で確認できるようになっているのでこちらも便利です。

結果を知るまでの時間は、申し込みから返送をスムーズに行うと1週間が目安です。

検査をする場所で、結果を知る方法も大きく異なります。
しっかりと自分にあった場所を選びましょう。

梅毒について正しい知識を持とう!

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方