A型肝炎の症状や感染経路、治療のまとめ

no

A型肝炎は肝炎の一種です。初期段階の病態は風邪に近いですが、時間が過ぎると肝炎固有の疾患が現れます。
A型肝炎の感染経路は中心として食事からです。性行為で感染することは稀です。

ただ、アナルセックスやアナル舐めでA型肝炎に感染することがあります。注意しておきましょう。

A型肝炎

A型肝炎ウイルスを体内に取り込むことで発症します。
感染経路は食べ物で、性行為はほとんどありません。

急性肝炎の原因です

我が国で引き起こされる急性肝炎の4割はA型肝炎ウイルスが原因とされています。

肝炎を引き起こすウイルスは複数種いることが解明され、それらを分けるために、A型、B型・・・と名称がついています。
感染者が多いウイルスはA型、B型、C型の3種類です。現在はG型まで存在しています。

A型肝炎は1回のみ感染

A型肝炎においては一回感染して完治すると、2度とA型肝炎が発症する事はありません。

体内に抗体ができて、次からA型肝炎ウイルスが侵入しても体が守られるのです。
日本では、80歳以上の人はほぼ100%抗体をもっていると推測されるほどです。

特に昔の人は、衛生環境が悪く、しょっちゅうA型肝炎が爆発的な感染をしていたのではないかと推測されています。

しかしB型肝炎C型肝炎は慢性化したり、キャリアになることもあります。

A型肝炎の感染原因

基本的に、食品です。

飲料水の環境が悪いところではよく蔓延するようです。

もちろん、性行為による感染もあります。
特に肛門周辺・・・ベンに多く含まれ、そこから身体に入る事で感染する可能性があります。

A型肝炎の症状

A型肝炎は下記のような症状が出ます。

  • 高熱
  • 吐き気、嘔吐
  • 寒気、倦怠感
  • 食欲不振
  • 黄疸
  • 褐色の尿がでる
  • 白い便がでる
  • 関節痛、筋肉痛

無症状の人もいます。
だいたいの人は、高熱が続き、なんとなく風邪ではないことが推測され、その後は黄疸の発症や尿がおかしくなります。
こうなると肝炎特有の症状です。

黄疸がでると、体は回復傾向です。

A型肝炎の治療

A型肝炎は体内の自己免疫で治ります。人により重症化したり、体力がもたずに衰弱してしまう場合は入院して点滴などで補います。しかし、安静にすることで、治すようになります。

A型肝炎のまとめ

A型肝炎は性病というよりも、食事や水を気をつけることが大切です。

とくに衛生環境の悪い途上国へ行く場合は事前にワクチン摂取しておくと良いかもしれません。
ワクチンを接種する事で、数年の予防効果はあるようです。

B型、C型はまた異なります。
B型肝炎について 

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方