尖圭コンジローマの症状と治療方法についてのまとめ

no

尖圭コンジローマとは

HPV(ヒトパピローマウイルス)による性病の仲間で、性器や肛門の周辺の表皮や粘膜にイボのような突起物が発生する疾病です。

このヒトパピローマウイルスの中には良性のタイプと悪性のタイプに区別され、 悪性のものは子宮頸がんのきっかけになります。
感染は、表皮や粘膜のキズあるいは炎症から感染するため、セックスやオーラルセックスによって広がります。

尖圭コンジローマの症状

ヒトパピローマウイルスに感染すると、2ヶ月程度の潜伏期間を経て、感染したあたりにイボが発症します。

感染場所は性器であることが多いので、イボは性器とそちらの周辺の皮膚や肛門、付け根などにできて広がります。
特徴としてイボは痛みの無い割合が高く、稀に場所によって発見が遅れることもあります。

イボが厄介で、デカくなったり、成長する毎にカリフラワーのような特徴的な形状になります。さらに周囲に同じようなイボが数多く発生するようにはります。

しかも治療をしても再び発症することもあります。

もしも放置をしておくと、せっかくの伴侶に感染させる可能性が考えられます
恐いのは悪性のタイプが潜んでいる可能性も考えられます。

特に、女性のケースでは、悪性のHPVが「子宮頸がん」が発症する1つの要因であることが認知されています。
子供を授かっていたなら乳児にもうつる危険もあります。

とても恐い病気なのでしっかり治療しましょう。

尖圭コンジローマの治療

尖圭コンジローマは自然回復することも見受けられますが、治っても再発する可能性も高い病気です。
今の段階でウィルスを除去する薬はありません。

しかしイボを完治させるという方法があります。

イボは外科的に取り除くことができます。また、最近ではベセルナクリームというコンジローマ治療薬によって イボを治療することができます。

尖圭コンジローマの予防にコンドームの使用はあまり効果がありません。 コンドームで隠せない箇所にもウイルスが存在することがあり、なかなか感染リスクを減らすことが出来ないのです。

ただ、症状は明らかにわかるので、性行為を中断することが良いかと思います。

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方