性器ヘルペスについて、症状や治療、感染のまとめ

no

性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染することで起きる病気です。
ウイルスはウイルスだけで活きることはできず、ヒトの細胞の中に入り生き続けます。

ヘルペス事態は怖い病気ではなく、長期間にわたって体に影響はありません。

ただ、病気が水ぶくれや炎症を引き起こし、そこから他のウイルスや菌の侵入を許すこともあるので感染はできるだけ予防したいものです。

性器ヘルペスについてまとめました。

性器ヘルペスの症状

初めて症状が出るときは、強く体に現れます。

感染してから 2週間以内に出ることが多く、陰部がヒリヒリ・ジンジンと熱くかゆくなります。
その後、赤い発疹が現れ、水ぶくれとなり破れます。
場所によってはイタみを感じることもあるので注意しましょう。

症状がひどいと入院することもあります。

基本的に性器周辺ですが、お尻や太ももまで広がります。

ただ、多くの人は症状が出ないことがあります。
すでに違う型のウイルスを持っていて抵抗ができたり、ウイルスの量が少ない場合もあります。

症状が無くてもウイルスを持っていることには変わりがないので感染する可能性はあります。

感染経路

性器ヘルペスは性行為で感染します。

コンドームを使用することでリスクは軽減できます。

性器周辺の神経に潜むので、性器以外が接触することで感染することは考えにくいです。

性器ヘルペスの治療

症状により投薬を行い症状を取り除きます。

問題は、完治ができないことです。
症状は消えてもウイルスは体の奥に潜むことになり、再発の機会をうかがいます。

一度感染したことで体内には抵抗力ができて、健康な時は症状が出ることはありません。
なので、ヘルペスは命にかかわるウイルスではないのであまり気にする必要はありません。

しかし、疲労やストレス、生理などで体が弱り、免疫が下がると再びウイルスが暴れます。

初期の症状に比べると弱いものですが、注意しましょう。

HIVの感染率が増加する

怖いのは、症状が出ると水ぶくれや潰瘍から他のウイルスが侵入しやすくなります。

皮膚や粘膜といった体を守るものが損傷しているので、そこからウイルスの招き入れます。

感染力が弱いHIVでも、傷があれば侵入できる可能性が高くなり、感染力が飛躍的に上がります。

ヘルペスは怖くない病気だけど、性器に傷ができるので症状がある時は速やかに治療をしましょう。

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方