子宮頸がん・HPV感染の症状と検査は知っておくべき!

no

子宮頸がんとは

子宮がんは、「子宮体がん」と「子宮頸がん」に二分されます。

「子宮体がん」は胎児を成育させる子宮体内部の中で発生するがんです。
「子宮頸がん」は、子宮の入口の頸部という名の箇所から発生するがんです。
子宮の入口周辺から起こる傾向にあるので視認や診療が行いやすいことから、見つけ出しが容易ながんともいえます。加えて、迅速に見つけ出せれば回復させやすいがんです。

「子宮頸がん」の発生はヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papilloma Virus)の感染が原因として挙げられています。患者の9割以上がHPV感染している結果があります。さらに喫煙習慣も「子宮頸がん」のリスクをあげる要因であることもわかっています。

近年は若い30歳代後半~40歳代に数多く発生している傾向です。

ヒトパピローマウイルス(HPV)

ヒトパピローマウイルスの感染が原因になるケースが確実になっています。
「パピローマ」とはイボを指し示していて、性器あたりにできるイボは何かしらの型のHPVの感染の理由です。女性では子宮頸がん、男性は陰茎がんの不安を抱いていることもあって気を付けないとならないのです。

男性が陰茎がんを発症することはあまり多くありません。しかし、女性の子宮頸がんの発見数は毎年15,000人です。

がんをもたらすヒトパピローマウイルスなのですが、セックスの経験をすると、女性の半分はウイルスに感染すると見なされているので、感染そのものが一般に問題ありません。

なぜならば、健康的な人は免疫の抵抗力によってウイルスを排除します。

しかし、ヒトパピローマウイルスに感染して、その状態で排除できずに感染を保ってしまい、最終的にがんになります。その子宮頸がんの発症率は0.15%程度で比較的低いです。

セックスの経験は誰しもあるので、ヒトパピローマウイルスに感染する確率はほとんどの人が持っています。がんへ進行する確率は低いですが、リスクがあることは注意しておく必要があります。

2年に1回のペースで子宮頸がん検診は受けておくといいです。

子宮頸がんの症状

子宮頸がんも通常のがんと同じ様に、初期段階で症状はないです。
重度に進行するまで無症状ということも少なくありません。
子宮頸がんをいち早く見つけ出すことを考えれば、一定サイクルでがん検診を行なって貰うことが大切となります。

子宮頸がんも進んでいくにしたがって、多くの自覚症状が生じます。
代表的なものは、不正出血やおりものの異常。

ただ、症状がでた頃には、がんが進行している可能性が高いです。

不正出血

子宮頸がんの自分で気付く症状の中においても、代表的な症状です。

発見しやすいタイミングは、性交時。

がんは、表面がデリケートなこともあって、少しの刺激で容易に出血するのです。

子宮頸部は、刺激を浴びやすい部位なので、性交時に出血し易くなるのです。

おりものの異常

おりものは、子宮頸がんだけでなく、性病全般で異常をきたします。

子宮頸がんでは、おりものの量が増える傾向が強いです。

そのほか匂いが強くなることもあります。

生理のサイクルと少し違う状況が出る場合は、疑いましょう。

子宮頸がんは、症状が出る前に定期検診で早期発見できます。

子宮頸がんの検査

子宮頸がんが発生するヒトパピローマウイルスは、発症リスクの角度でみると高リスク型と低リスク型に分類されます。

発症リスクの高い「高リスク型HPV」が持続感染していても、子宮頸がんに変化するまでは、数年~十数年とかなりの時間がかかります。

定期的に子宮頸がんの検診を実践しているのでしたら、がんになる直前の状態を見つけ、治癒させることが可能です。

郵送の性病検査でも、「HPV検査」を一緒に行うことで、子宮頸がんのリスクを高い確率で発見できます。

HPV感染をしていても、その後定期的に医療機関で診断をして貰う事で、子宮頸がんにかかったとしても、迅速に治療を行うことが可能になります。

自分の体は、自分で守るしかありません!

是非この機会に検査を受けて見てください。

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方