性病の潜伏期間は病気によって違います

no

性病は、潜伏期間が長いものもあるし、症状がなかなか出にくい病気もあります。

しかし「症状がない」「潜伏期間」だからと言って、感染しないわけではないし、体の中は少しづつでも病気にむしばまれています。

性病はそれぞれ潜伏期間が異なるのでしっかりと知っておきましょう。

主な性病の潜伏期間一覧

なお、潜伏期間は専門書や医師によっても見解が少しずれます。
あくまでも目安です。

また、女性のクラミジアのようにまったく症状に気が付かないこともあるので注意しましょう。

病名 潜伏期間
クラミジア 約1~2週間
淋病 2~7日間
梅毒 約3週間
エイズ(HIV) 数年
B型肝炎 1~2ヵ月
性器ヘルペス 2~10日間

【補足】

女性は、クラミジアや淋病の症状が出にくいので気が付かないことが多い。
梅毒の初期の症状は軽く、また潜伏期間になる。

HIVは初期症状が一時的に出た後、目立った症状が消えますが、その間は体の免疫が壊されてしまいます。
免疫の破壊が一定のラインを超えるとエイズ発症で、だいたい感染から8-10年程度のようです。

病気の症状は個人差が強く、「いつ」が潜伏期間と断定できる日はありません。
また症状が無くても、潜伏期間中であっても、病気は感染する可能性があるので注意しましょう。

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方