性病の潜伏期間は病気によって違います

no

性病は、潜伏期間が長いものもあるし、症状がなかなか出にくい病気もあります。

しかし「症状がない」「潜伏期間」だからと言って、感染しないわけではないし、体の中は少しづつでも病気にむしばまれています。

性病はそれぞれ潜伏期間が異なるのでしっかりと知っておきましょう。

主な性病の潜伏期間一覧

なお、潜伏期間は専門書や医師によっても見解が少しずれます。
あくまでも目安です。

また、女性のクラミジアのようにまったく症状に気が付かないこともあるので注意しましょう。

病名 潜伏期間
クラミジア 約1~2週間
淋病 2~7日間
梅毒 約3週間
エイズ(HIV) 数年
B型肝炎 1~2ヵ月
性器ヘルペス 2~10日間

【補足】

女性は、クラミジアや淋病の症状が出にくいので気が付かないことが多い。
梅毒の初期の症状は軽く、また潜伏期間になる。

HIVは初期症状が一時的に出た後、目立った症状が消えますが、その間は体の免疫が壊されてしまいます。
免疫の破壊が一定のラインを超えるとエイズ発症で、だいたい感染から8-10年程度のようです。

病気の症状は個人差が強く、「いつ」が潜伏期間と断定できる日はありません。
また症状が無くても、潜伏期間中であっても、病気は感染する可能性があるので注意しましょう。

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方