クラミジアに感染する確率はどれくらいあるか知っていますか

no

日本で今もっとも感染者が多い性病が「クラミジア」です。
その感染確率はズバリ50%程あるといわれています。

もしパートナーが感染していたら、確実に自分も感染していると考えていいかもしれません。

感染率が高い

クラミジアの病原となっているのが「クラミジア・トラコマチス」です。
真正細菌という細胞核のない生物です。

このクラミジア・トラコマチスは、人の粘膜や体液の中で生命活動をしています。
女性でいうと、性器内やその粘膜に宿り、男性の尿道の粘膜に潜んでいます。

感染するときはその粘膜が混じることで行き来します。

粘膜にいるので、生で挿入でもしてしまった(された)ら、とても高い確率で感染してしまいます。

ただ、生物といっても知能があるわけでもなく、限られた環境でしか生きることができないです。

一旦体液や粘膜の外に出てしまうと、生き続けることはできません。
感染力が強いといっても、温泉やプールで感染することはまずありません。

オーラルでも感染する

当然、オーラルセックスでも感染します。

  • 性器から喉へ
  • 喉から性器へ

高い確率で感染します。

セックスではコンドームを使用することである程度感染の確率を下げることは可能です。
しかし、オーラルセックスの場合はコンドームを装着することは少ないですよね。

一部の風俗くらいでしょうか。
なのでオーラルセックスは感染する確率は高いのかもしれません。

それに喉に感染したクラミジアや淋病はなかなか症状に気づきにくいのも特徴です。
感染を広げる1つの原因にもなっています。

パートナーと一緒に治す必要がある

もし、感染がわかったら、パートナーも感染している可能性があります。

クラミジアは男性も女性も症状に気が付きにくく、発見が遅れることが多いです。
実際に気づかずに妊娠してしまい、妊娠後の検査で発見されることもしばしばあります。

また感染力が強いので、どちらか一方が治しても、その間にセックスをしてしまうと、また新たに感染してしまうことがあります。

いわゆるピンポン感染をしてしまいます。

もし感染がわかったら、パートナーと一緒に治療することが必要になります。

年代別では若い人に多い

クラミジアの感染者は圧倒的に若い人に多いです。

年代別報告数(2015年度)
15~19 20~24 25~29 30~34
男性 562人
(4.8%)
2,135人
(18%)
2,397人
(21%)
2,054人
(18%)
女性 1,876人
(15%)
4,242人
(33%)
2,909人
(23%)
1,712人
(13%)

※ 引用 厚生労働省 性感染症報告数より
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/04/tp0411-1.html

特に女性は20代に集中していることは間違いありません。

性行為の相手が多かったり、病気に対して知識が薄かったりするのでしょう。

男性は20代後半を中心にしていますが、全年代に多いのも特徴です。
遊んでいる人は遊んでいるのでしょう。

クラミジアは感染力がとても強く、症状がわかりにくいことからとても蔓延している性病です。
近くにクラミジアの危険があると知っておくことは重要です。

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方