男性のクラミジアと淋病の見分け方は、検査が一番わかりやすい

男性が性病(クラミジア、淋病)に感染すると一般に尿道炎によって激しい尿道痛といった症状が生じます。

しかしクラミジアに感染した人のうち、男性の50%が無症状か、症状に気付かないです。
軽度な症状だとそのまま放置して、感染を広げたり、症状が悪くなることもあります。

クラミジアと淋病は感染経路はどちらも性行為なんですけど、どちらも症状が似ていてすぐにはわかりません。

もし性病かもしれないと思ったら淋病とクラミジアをも一緒に検査しておくと安心です。

男性の症状


クラミジアも淋病も、おもに尿道に違和感、痒みを感じます。

炎症によって、尿道が狭くなり、排尿がうまくいかずに残尿感や違和感を感じます。
また、頻尿といった症状もあります。

どれも「違和感」として感じるだけで、病気の症状として自覚することは難しいレベルが多いです。

膿がでる

淋病とクラミジアでは、まれに尿道から膿がでることがあります。

クラミジアの場合は透明な膿で分かりにくい。
淋病の膿は特徴的で、白く濁った色をしています。

膿の量が多いと、下着にべっとりと付いてカピカピになるケースもあります。
膿がでている場合は、迷わず泌尿器科へ直行です。

どのくらいで症状が出るの?

性病(クラミジア、淋病)に感染すると一般的に 1週間以内に症状が出ます。

しかし、男性の多くは症状に気がつかないことが多く、自覚症状なく生活している人も多いです。
正しく検査して、病気の発見することが治療にもつながります。

※ もし、淋病に感染していた場合、クラミジアの検査しかしなかった場合は、淋病は発見できません。

クラミジアかもしれないと思ったら、淋病も一緒に検査しておくと安心です。

関連記事:

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方