カンジタの感染経路と感染率

性器カンジタ症は白癬症の一種による感染で、膣だけでなく口腔内に出来る事もあります。
体力の低下、妊娠、抗生物質の投与などで膣内の自浄作用が低下した時に起きると言われています。

カンジタの感染経路

カンジタが発症する原因は、自己感染、ゴムなしセックス、母子感染が挙げられます。
性器カンジタ症の特徴は、もともと体内に菌があった状態から感染する「自己感染」です。

また、膣内に菌を持っていない女性もセックスにより男性から移されることもあるので、コンドームを使い予防する事が大切です。

カンジタの感染率

成人女性の10%、妊婦のおよそ30%が膣内にカンジタ菌を持っていると言われています。

その中で、痒みなどの自覚症状や外陰・膣の炎症を起こし、治療が必要と判断されるものは15%~30%程度です。

また、1回の性行為での感染率は、性器カンジタ症の占める割合の5%と程度と考えられています。

男女比では、体外に露出していて通気性が良くあまり菌が増殖する環境にない男性が起こりにくく、女性は4人に3人は生涯に一度は発症し、再発率が役45%と極めて高く、慢性化することもありますので症状が改善されるまで治療を続けたほうが良い病気です。

カンジタ関連記事

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方