検査で陽性だった場合

no

検査を受ける前に気になるのが「陽性」だった場合の対応です。
HIVは特殊なので、HIVが陽性の場合は別に記載していますので確認ください。

性病が検査で陽性だった場合

性病に限らず、病気が発見されたら早めの治療が必要です。
性病では、症状があまり出ていないこともあり、放置されることもありますが、陽性の場合は性病に感染しているので治療しましょう。

性病検査キットを使い、書面やメールなどで結果を確認すると「陽性」または「+」という表記がされます。
表記のある病原の性病に感染しているということです。

検査結果を見て驚かれることもありますが、落ち着いて対応しましょう。
まずは、専門の医療機関を受診することになります。

性病は治る

性病に限らず、病気の多くは放置すると、重症化します。
ただ、原因がわかっていれば、適切な治療を施すことでしっかりと治すことができます。

とくに感染に気が付くことが早ければ早いほど早く治ります。

医師の診断後、薬を処方してもらうことになるので、病院に行く必要がありますが、勇気をもっていきましょう。

病院の選び方

検査キットを販売している会社と提携してる医療機関

性病検査キットを販売している会社(検査機関)は、医療機関と提携しています。

陽性の結果が出た場合、届け先の住所から適切な医療機関の紹介を行ってくれます。

提携の医療機関を受診する時は、再検査の必要なく、すぐに治療を始めることができます。
※ 症状や検査項目により医師が追加の検査を促すこともあります。

提携の医療機関は、販売している会社によって異なるため、販売している会社の相談窓口にて確認することになります。

自分で医療機関を探す

自分で医療機関を探すこともできます。
少し手間はかかりますが、自分自身で都合のよい医療機関を選びます。

性病科があればそちらがお勧めです。
ない場合は、男性の場合は泌尿器科、女性の場合は婦人科ということになります。

自分で探すデメリット

実は自分で探すデメリットが2つほどあります。

1つは、泌尿器科、婦人科でも性病が苦手な医師がいます。
泌尿器科といっても分野が広く、造精機能、腫瘍、結石、排尿などがあり、一概に性病が専門というわけではありません。
婦人科も同様です。

今は多くの病院がホームページを持っているので、事前に確認するのがいいかと思います。

2つ目は大きな病院では余分にお金がかかることです。
大学病院などの大きな病院は「紹介状」のない新規の外来に医療費とは別に「選定療養費」の請求があります。
2016年には値上がりする予定で、最大1万円ほど別に請求されることになるようです。

性病に関しては、地域医療を担ってるクリニック・診療所へ行くことをお勧めします。

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方