性病検査キットの選び方

性病検査キットは実際にたくさんの検査機関から販売されています。

GME医学検査研究所
ふじメディカル
STD研究所

この大手3機関を解説します。

GME医学検査研究所

おそらくもっともユーザー視点に立っている販売をしている機関です。
365日営業しているので、土日関係なくすばやい検査結果の公開をしています。

検査キットの発送は土日はしていないようですが、スピード面は最高にいいです。

また、提携病院が全国にあり一部の医療機関では、GME医学検査研究所の検査結果があれば、病院で検査すること無く治療ができます。
※ 陽性にそなえ、医療機関に問い合わせてもいいかもしれませんね。

送料・代引き無料!

通販で便利なのは、送料・代引き手数料が無料なことです。
わずらわしい振込みや、カード情報の入力は不要です。

受け取りの際に代金を払うだけでOK。

HIV・エイズ検査は4,730円(税込)
男性・女性とも定番検査(HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア・咽頭(のど)淋菌・咽頭(のど)クラミジア)が17,280円 (税込)。

【GME医学検査研究所】はこちら

性病検査GME医学検査研究所の評判は?

ふじメディカル

ふじメディカルは紹介する3つの機関の中で、値段が安いのが特徴。
パッケージもとてもシンプルで、必要最低限のものだけです。

価格の比較をすると、HIV検査は3,300円(税込)

定番検査(HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・淋菌・トリコモナス・カンジダ・クラミジア・咽頭(のど)淋菌・咽頭(のど)クラミジア)も12,000円(税込)と魅力的な値段です。

強いて問題は、採取する器具の針が1回しか出ないので、試し打ちができないこと。
まあ、説明書読めば使い方はわかるので、問題ないとは思います。

提携している医院は、関東にしっかりあるので、万が一の時は、どの病院に通えばいいのか相談にも乗ってくれます。

ふじメディカル はこちら

先日、性病検査を体験してみました。

STD研究所

おそらく、性病検査キット販売数No1の実績です。
HIV・エイズ検査だけを見ると、4,968円 (税込)と割高感はありますが、人気の秘密はこのセットです。

クラミジア、淋菌、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎という、男性の代表的な性病だけをチェックするセットが販売されているからです。
このセットは9,936円 (税込)で、カンジダやトリコモナス、C型などの検査が含まれていないため価格を安く設定しています。

男性の場合はこのセットでも十分。
STDチェッカー タイプE(男性用)  詳細はこちら

STDチェッカー タイプE(女性用)  詳細はこちら

結果はインターネットで確認できるようになっていて、パソコン、スマートフォンから指定の結果ページで確認できます。

STD研究所 はこちら

目的に応じ、購入するといいです。

性病検査キットをおススメするなら

管理人おススメの性病検査キットはHIVだけならふじメディカル
陽性の場合も、病院で再検査をすることになると思うので、検査キットは価格だけで選んでいいと思っています。

ふじメディカル はこちら

はじめて性病検査をする場合は、GME医学検査研究所です。
あまり知識がない場合やとりあえず、過去の経験も踏まえ、できるかごり多くの可能性を調べる必要があります。
その場合は、その後の医療機関の相談も考え、GME医学検査研究所の定番セットを勧めます。

【GME医学検査研究所】はこちら

ある程度慣れた人や、感染の疑いがなんとなく絞れている人はSTD研究所。
定番5種のセットを購入することをおススメします。
STDチェッカー タイプE(男性用)  詳細はこちら

STDチェッカー タイプE(女性用)  詳細はこちら

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方