おしっこ(尿)をするとおちんちん(ペニス)が痛い・出が悪いと感じる場合は・・・

おしっこをした時、なんとなく出が悪かったり、おちんちん(ペニス)がなんとなく痛い時。
もしかすると性病の可能性があります。

実際、症状としては軽いので見落としがちなんですが、ほおっておくと副睾丸に炎症を起すこともあり、男子の不妊症の原因になります。

1,2週間ほど前に、怪しい性行為はありませんでしたか?

尿道痛?尿道炎?

もしも、おしっこ(尿)が終わるころに痛みを感じる場合は尿路結石の可能性が高いです。
思い当たるセックスがなければ、すぐに病院です。

おしっこ(尿)がはじめからいたい場合は、尿道に炎症があるでしょう。
性病の可能性があり、尿道に細菌が侵入し、炎症を起し、痛みがともなうことがあります。

尿道炎は放置すると、排尿困難をおこすし、男性の不妊原因にもなります。
かならず原因を突き止める必要があります。

もし、1,2週間に信頼できない人とセックスをした、フェラをしてもらった場合は、淋菌またはクラミジアかも。
もしもうみが出たり、尿が濁ったりする場合は、ほぼ確定。

淋菌の場合は

淋菌の場合は、潜伏期間が数日。
痛みが我慢できないこともあります。

他に症状は、牛乳のような白い膿が出てくるし、パンツが汚れる。
自覚症状がでている時点で、即病院にいきましょう。

クラミジアの場合は

潜伏期間が1・2週間。

おしっこ(尿)をするとおちんちん(ペニス)が痛かったり、出が悪かったりします。
ただ淋病にくらべ、症状は軽いし、自覚症状がない。

放置されるケースが多いのですが、とても危険です。

細菌が体内にいるので、自然治癒難しく、薬による治療をしなければいけません。
困ったことに、症状が軽いと放置してしまい、前立腺炎や副睾丸炎といった重い状況になります。

さらに不妊の原因にもなります。

もし、

  • なんとなく尿がでにくい
  • おちんちんがいたい
  • セックスの覚えがある
  • 生フェラしてもらった覚えがある

どれか当てはまる場合は検査しておきましょう。
早期発見だとすぐに直るし、感染していなければ安心できます。

クラミジアと淋菌のお勧め検査キット

淋病とクラミジアを併発しているケースも珍しくはないので一緒にチェックすることがよいです。

すでになんとなく症状が出ているのであれば、この2つで同時検査がお勧めです。

ふじメディカル
ふじメディカル
クラミジア・淋菌セット

症状は軽いけどもしかしたら・・・と、気になる症状があったらすぐに検査をしましょう。

GME検査研究所
GME検査研究所
クラミジア・淋菌セット

淋菌とクラミジア、症状が似ていてどちらも心配という方へ、淋菌とクラミジアを同時に検査できるセットです。

STDチェッカー
STDチェッカー
クラミジア・淋菌セット

自覚症状がほとんどなく、感染者数の多いクラミジア。淋菌も検査できます。ご不安な方はまずこの検査がおすすめ。

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方