性器ヘルペスの治療薬ゾビラックスの購入方法 | 性病について知っておこう

ヘルペスは抗生物質が効かないので、ゾビラックスの錠剤を服用したり、外用薬を塗ることが一般的です。
ヘルペスは出血が起きるような傷がある場合は、外用薬の塗布も必要になります。

ヘルペスそのものはあまり大変な病気ではないですが、雑菌が侵入してしまうと面倒なのでしっかりと治しましょう。

ゾビラックスの購入方法

日本では医師の処方箋がないと購入できません。

海外メーカーから個人輸入ということで購入が可能。
再販したりすると問題ですが、自分で使う分には問題ありません。

※ 画像をクリックすると販売サイトに飛びます。

塗布用

性病の病院に行くのが恥ずかしい人や、毎回病院に行くのが面倒な場合にはいいです。

ゾビラックス
1日5回、2錠(800mg)ずつ飲む必要があります。

目安として、朝食後、昼食後、午後4時頃、夕食後、就寝前の1日5回 4時間の間隔です。
ゾビラックスを服用確実に性器ヘルペスを治したい場合は多めに購入しておくのが良いと思います。

基本的に国内では5日分が処方されることが多いです。
ちょうど1箱ですね。

※ 注意 ※

ゾビラックスは副作用がでることがあります。

抗ウイルス薬の特徴ですが、すこし副作用があります。
といっても副作用自体は少ない安全なお薬なので、安心して飲めます。

性器ヘルペスの症状が出る場合は、少し体調が悪いので、それにともない、下痢や頭痛、吐き気、めまいの症状が現れることがあります。
また、高齢者に多く腎臓に負担がかかることで、稀に急性腎不全や意識障害、アナフィラキシー、皮下出血、痙攣などの重い副作用が現れることがあります。

他の薬との飲み合わせも悪いので、別に薬を服用している場合は注意しましょう。
特にデオドール、プロベネシド、セルセプトなどは注意が必要です。

注意して服用するにはとてもいい薬です。
クリニックなどでヘルペスと診断されると、ゾビラックスか同系の薬が処方されます。

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方