性病の検査治療費っていくらくらい?まとめてみました。

主な性病の検査と治療にかかる費用をまとめてみました。

主な性病は、クラミジア、淋病、カンジタ。
一般的な性病で、検査で特定もしやすく、薬を入手しやすく、自宅で治すことも可能。

淋菌、クラミジア、トリコモナス、カンジダの4種類がまとめて検査できるキットはこちらです。

費用を出す際の前提

まず、病院での、初回の検査は自由診療で、以後の通院やお薬は保険適用として考えます。
費用を公開しているある東京の病院を参考にしています。

なお、検査を保険適用としないのは、医師に任せると、全ての可能性を考え、色々な検査をすることになるからです。
あくまでも「病院」の予想費用は最低金額と考えてください。

自宅は「通販」で検査キットを購入し、薬はジェネリックの個人輸入を使います。
念のため治ったかの判断も検査キットを使います。

クラミジア

病院での検査は 8000円。
治療には4回の通院を目安になるので、毎回お薬と最後の検査も入れると、自己負担は1万円前後といったところです。

合計で 18000円。
少なく見積もっているので、実際は2万円ほどの自己負担と4回の通院が目安です。

自宅で治す場合は、検査キット2回分で 6600円

薬は3000円程度でジェネリックを購入できます。

多く見積もって1万円弱です。

淋病

クラミジアと同じ程度です。
病院での検査は 8000円。
治療には4回の通院を目安になるので、毎回お薬と最後の検査も入れると、自己負担は1万円前後といったところです。

合計で 18000円。

自宅で治す場合も、検査キット2回分で 6600円

治療薬は4000円程度でジェネリックを購入できます。

1万円前後というところです。

カンジタ

カンジタの検査はだいたい5千円程度。
通院は3回程度で薬も安く、保険適用後は4千円ほどです。

合計すると1万円前後ですが、最終検査を入れると1万円は確実に超えます。

自宅で治す場合は検査キット2回分で 6600円

薬は、市販薬で3000円ほどで入手できます。

最終検査を入れても1万円以内。

性病の治療費の比較

まとめると、病院よりも自分で検査するほうが安くつきます。
特にクラミジア、カンジタは症状も軽く、比較的治療がしやすい病気です。

費用も時間もかかり、さらに医師・看護士・薬剤師に事情を説明することを考えると、自宅で対処するのもありかもしれません。

なお、お薬を準備する場合は、菌を特定する必要があります。
しっかりと検査しておきましょう。

淋菌、クラミジア、トリコモナス、カンジダの4種類がまとめて検査できるキットはこちらです。

クラミジアかと思ったら、淋病だったりすることもあるし、その逆もあります。
適切な療法のためにも病原菌の特定は必須。

淋菌、クラミジア、トリコモナス、カンジダの4種類がまとめて検査できるキットはこちらです。

もしものことを考えてちゃんと検査することをおススメします。

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方