男性が性病検査を病院・保健所で受ける費用は平均いくらぐらい?保険適用はあるの?

性病検査もできるだけ、費用を抑え安く受けたいです。
もし病院で性病検査を受ける場合は保険適用がされるのでしょうか。

病院や保健所ではどれくらい費用が掛かるのか、まとめています。

保健所

基本無料です。
保険証の提示も不要のところが多く、どうしても費用を負担したくない方にはおすすめします。

ただし制約も多いです。

検査できる病気は、HIV。
保健所によっては、オプションで梅毒、クラミジア、肝炎の検査もしてくれます。

あくまでも保健所により異なります。
全く性病検査をしていない保健所もあります。

そして、問題は日にちで、月に1回程度、1時間の受付となっていてなかなか予定を合わすことが難しいです。

「どうしても無料じゃなきゃ」という方、時間が合いやすい方は保健所がお勧めです。
保健所では治療は一切されませんので、性病検査で陽性の場合は、どこかで治療をしなければいけません。

HIV検査・保健所について確認するポイントはこちら

病院で性病検査を受ける

病院で性病検査を受ける場合はいろいろなケースがあります。

症状が出ている場合

まず「陰部がはれている」とか「うみが出る」というように、症状が明らかにある場合は保険適用がされます。
原因(ウイルス)の確定をするために性病の検査を行います。

症状や性交渉の経験にもよりますが、性病は感染経路が基本的に同じなので、性病全般の可能性は否定できないです。
症状が出ていてもおもな性病(HIV、梅毒、肝炎、淋病、クラミジア)はすべて検査されます。

基本的に医師が検査項目を決めるので、患者は従うしかないです。
ちなみに検査だ金は、保険適用されだいたい1万円をきるくらいが多いです。

ただ、症状が出ていると、その他に初診料、治療費、薬代もついてきます。
実際に窓口で払う総額は2万以上はかかります。

症状がない場合

発症していない状態の性病検査は保険適用はなく実費の請求になります。
保険はあくまでも「治療」に対して適用されるので、症状がない検査には適用されないのです。

病院や病気によって検査方法や流れが少し異なるので、1つの病気を調べるのに4000円以上かかります。

おおむね

HIV 4000円前後
梅毒 4000円前後
クラミジア 8000円前後
淋病 8000円前後

BとC型肝炎を含めると3万円を超えるくらいになります。
※ 希望する病院に聞くと実際に金額がわかります。

性病は感染経路が同じなので、症状が出ていても病気を特定するのが難しいです。
不安がある場合は、できるだけ多くの種類の性病検査を受けることが望ましいです。

1つでも漏れてしまえば検査の意味がないですからね。

性病検査を安くすませる

安く済ませるには、通販で販売されている性病検査キットの購入です。
12,000円で8-9項目の性病検査が受けられます。

病院に行く必要もないですし、保健所や病院と同じ検査をしてくれます。

詳しい選び方はこちらです。
性病検査キットの選び方

病院はあくまでも病気になった人が行くところです。
性病検査には、症状が出ていない段階で保険の適用がされません。

早期発見のため、「疑い」「不安」という場合は、検査キットがお勧めです。

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方