性病検査STDチェッカーの膣内分泌の検査の方法

no

性病検査では、女性性器への感染を調べる方法としては、膣内の分泌物を採取する方法です。
検査STDチェッカーで調べることが出来る病気は

  • クラミジア
  • 淋菌
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • 一般細菌
  • ヒトパピローマウイルス(悪性型)

膣内の粘膜を直接確認し、病原がいるのか判断します。
ここではどのように膣内検査をするのかまとめていました。

検査するまでの期間

膣内検査にある病原を検査するまでの期間は、一般的に感染の疑いのある日から1週間後が目安になります。

生理中や膣内洗浄後は通常の環境とは異なるので、検査には適しません。
生理が終わった後に行うのが良いです。

性病検査キットに入っているもの

STDチェッカーには以下のものが入っています

  • カルポーター(腟分泌液採取用)
  • IDシール

腟分泌液採取の方法

腟分泌液の採取は簡単です。

カルポーターと呼ばれる、綿棒の長いものを腟内に挿入し、腟分泌液をぬぐいます。
あとは、試験管のようなものにいれ、IDシールを貼ればOKです。

とても簡単です。

女性の性病はなかなか症状が出にくいので、簡単に病気をチェックできるのはいいです。
病院に行くことを考えるととても抵抗なく検査が出来ます。

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方