性病検査STDチェッカーの尿検査の方法 | 性病について知っておこう

no

性病検査では、男性性器への感染を調べる方法として尿を採取する方法があります。
検査STDチェッカーの場合、尿で調べることが出来る病気は

  • クラミジア
  • 淋菌
  • マイコプラズマ
  • ウレアプラズマ

尿道を通ってくる尿の中に病原がいるのか、確認する方法です。
ここではどのように尿検査をするのかまとめていました。

検査するまでの期間

尿検査にある病原を検査するまでの期間は、一般的に感染の疑いのある日から1週間後が目安になります。

尿も重要で、尿道にある程度菌がいないと検査にならないから、前回の排尿から2時間ほどあけてたもの。
もしくは、朝一番の尿が良いです。

性病検査キットに入っているもの

STDチェッカーには以下のものが入っています

  • 尿スピッツ
  • 採取用コップ
  • IDシール

尿採取の方法

尿の採取は簡単です。

トイレで採取用コップに尿をします。
保健所や病院では、トイレの中にコップ置き場があり、コップを置いておけば後は看護師が対応してくれます。

性病検査キットでは、自分でコップから尿スピッツ(試験管みたいなもの)に移します。

あとは、しっかりとキャップを閉め、IDシールを貼ればOKです。

とても簡単です。

性病検査は簡単に検査できるようになっているので、もしかすると・・・と疑いがある場合は検査することが重要です。

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方