子宮頸がんの原因HPV(ヒトパピローマウイルス)を検査できるSTDチェッカーのタイプI

no

女性のガンで、乳がんの次に怖いのは子宮頸がんです。
死亡率が30%という驚異的な高さ。

子宮頸がんの原因となるウイルス「ヒトパピローマウイルス」があり、その感染の有無知ることで、危険を事前に調べます。

ここではヒトパピローマウイルスの検査できるSTDチェッカーのタイプIを解説します。

タイプIで検査出来る病気

  • ヒトパピローマウイルス

膣内から分泌物を採取するだけです。

タイプIで検査すべき人

ヒトパピローマウイルスの検査は、おおむね2年に1回定期的に行うべきです。

ヒトパピローマウイルスは珍しいウイルスではなく、性行為を経験すれば感染するようなもので感染自体は怖いものではありません。
通常は免疫の力で排除されていきます。

しかし、ウイルスが排除されず、感染状態が持続するとガンの原因となっていきます。

タイプI

検査項目 ヒトパピローマウイルス
価格
通常配送 7,830円(7,290円 +540円)
DM便 7,290円

中身

良く比べられる性病検査キット

GME医学検査研究所には「HPV」と「子宮頸がん」の検査キットがあります。

ローコスト版で8,070円と多少高いのですが、HPVの有無だけではなく細胞の検査も行ない、ほぼ確実に子宮頸がんの可能性を確認できます。
余裕があればGME医学検査研究所の「子宮頸がん+HPV検査セット」おススメです。

GME医学検査研究所の 子宮頸がん+HPV検査セットはこちら

 

STDチェッカー タイプIはこちら

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方