オリモノに少し変化を感じたらSTDチェッカーのタイプD

no

オリモノが多い、といった少し変化を感じた場合何かしら膣内の環境がよくないのかもしれません。
でも性病をもらうような行為をしていない場合など、大げさにクラミジアの検査は必要ないです。

ここでは膣内の2種の検査できるSTDチェッカーのタイプDを解説します。

タイプDで検査出来る病気

  • カンジダ
  • 一般細菌

膣内から分泌物を採取するだけです。
菌の状況を確認し、治療方法を考えます。

タイプDで検査すべき人

カンジダも一般細菌も性行為で相手から病気をもらうわけではありません。
性行為がなくてもオリモノにおかしなところがある場合は、内部に菌が入り繁殖している可能性があります。

何かしら膣内の環境が悪く症状がオリモノにでているので、少しでも変化を感じたときは検査をおススメします。

タイプD

検査項目 カンジダ、一般細菌
価格
通常配送 6,400円(4,860円 +540円)
DM便 4,860円

中身

良く比べられる性病検査キット

オリモノの症状だけで判断は難しく、性行為が過去にある場合はクラミジア、淋病、トリコモナス、カンジダの4種セットで検査するほうが安心です。

そのため、STDチェッカー タイプBで検査する人が多いです。

STDチェッカー タイプDはこちら

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方