クラミジアだと、おりものに変化がある | 性病について知っておこう

no

性病の中でもっとも蔓延しているのがクラミジアです。
特に20代前半に多く、おおよそ100万人を超える人が感染しているのではないかと推定されています。

クラミジアは、不妊の原因になることがある病気でもあるので、放置しておくことは危険です。
ここではクラミジアの感染が疑われる症状、特におりものの変化について紹介します。

クラミジアとは

「クラミジア・トラコマティス」に感染して起こる病気です。
セックスなどの性行為を通し、感染が広がる非常に厄介な病気です。

しかも、ほかの性病に比べ感染力が強く、セックスをするパートナーが感染していたら、ほぼ確実に自分も感染している可能性があると思ったほうがよいです。

治療は簡単

クラミジアは治療方法がすでにできているので、それほど怖い病気ではありません。
医師に処方する薬で簡単に治すことができるし、どうしても・・・誰にもばれずに治したいときは、今のところ海外から薬を個人輸入することもできます。

厄介な症状

ただ、厄介なのは感染初期の症状がわかりにくいことです。
クラミジアは感染しても、気がつくことがなく、知らずにセックスし感染が拡大していんです。

一応、男女には差があり、男性の場合、症状はまだ わかりやすいです。
ペニスがアツく違和感を持っていて、おしっこをしにくい感覚が現れます。
まれに膿もでます。

しかし女性はすぐにわかることはありません
それどころか、性病の検査をする、妊娠検査まで気がつかないこともあります。

うまく妊娠していればいいのですが、放置していると進行してしまいます。

クラミジアが進行すると

膣内にクラミジアが侵入すると、まず子宮の入り口になる頸管に炎症を与えます。
その後、徐々に中へ進み、子宮の内膜や卵管へと広がっていきます。

卵管に炎症が進んでしまうと不妊の原因になるのです。

ですからできるだけ初期の段階でクラミジアを治療しておく必要があるのです。

クラミジア時のおりものの症状

クラミジアに感染すると、おりものに変化があります。
子宮頸管に炎症が起こり、粘液が変化していくためです。

一般的に以下の状況が多いです

  • 量が増える
  • 黄色になる
  • においがきつい

月経の周期があったり、ほかの病気の可能性もあるので一概にどの状況がクラミジアだとは断定が難しいです。
1ついえるのは、普段から自分のおりものをチェックしておくことが大切です。

おりものの症状が気になる。

少しでもおりものが気になった場合は、病院にいくか、性病検査キットで確認しておくことをお勧めします。

また、症状がわかりにくく、自分で気づくのはなかなか難しいものです。
特に、これから妊娠する可能性がある女性は、先に性病検査を受けておくべきです。

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方