梅毒について

no

近年爆発的に感染が拡大しているのが梅毒です。
絶対数としては、クラミジアほどではないにしても、蔓延のスピードがとてつもなく速いです。

梅毒は古くからある性病で、江戸時代に日本でも広まっていました。
治療方法が確立するまでは、感染すると命の危険がある不治の病として恐れられ、性器から始まり最後は脳まで犯されてしまう怖い病気です。

今は薬も出来て、さすがに命の危険はないものの、怖い病気です。
しっかりと病気のことを知り、検査、対策をすることが重要です。

ここでは、梅毒について症状から検査方法まで詳しく紹介しています。

umedokug-300x154

厚生労働省 HP 性感染症報告数 より

  1. 梅毒の症状
  2. 放置が危険な理由
  3. 梅毒の感染経路
  4. 検査方法
  5. 梅毒の治療法
  6. 補足

梅毒の症状

梅毒は大きく4つの段階とその間の無症状期間があります。

梅毒1期は感染した時期から3-4週間後に症状が出始めます。
侵入したと思われる箇所に小さなしこりができます。

ただ、痛みもかゆみもなく、2-3週で収まります。
女性は半分以上、男性でも3人に1人は感染に気づかずにいます。

梅毒2期は感染後3か月頃に現れます。
だいたいこのタイミングで気がつくケースが多いです。

梅毒性バラ疹とよばれる直径1cmほどの斑点が体中にできます。
全身の病気になっているので、顔や手にもできることもあり、気がつきやすいです。

この症状も2-3週で収まり、無症状の時期にはいります。
明らかに体に異変のある皮膚病になるので、過去の性行為を振り返り梅毒の疑いを持つことでしょう。

3期、4期となると明らかに「病人」となるので、どんなに気にしない人でも3期前にはわかります。

梅毒の症状の進み方については詳しくこちらで解説しています。
絶対に見逃してはいけない梅毒の初期症状

梅毒が放置危険な理由

梅毒が怖いのは、HIVとの重複感染者が多いことです。
梅毒やクラミジアに感染しているとHIV感染の確率が格段に上がります。

HIVは感染力が弱いウイルスなのですが、性器周辺に梅毒など症状が出ていることそこから侵入しやすくなるためです。

梅毒は完治できるけど、今のところHIVに感染すると一生付き合っていくしかない病気です。
なんとしてもHIV感染は避けたいので、梅毒はしっかりと治療する必要があります。

梅毒の感染経路

梅毒トレポネーマと呼ばれる真正細菌が原因で梅毒になります。
主に、血液、精液などの体液に潜んでいて、とてもデリケートな菌です。

涙や汗などにも潜んでいると言われていますが、外気に触れると活動できません。
感染経路は母子感染、輸血血液、血液製剤、性行為。

性行為は、セックス、アナルセックス、オーラルセックスで感染の危険が高いです。

そして、梅毒は無症状の期間もあり、気がつきにくい病気です。

女性の場合、初期の梅毒のしこりは膣内や陰唇に出来るのでなかなか気がつくことはありません。
症状に気がつかず、感染を拡大させる原因です。

疑わしい相手と接触がある場合は検査しておいて損はありません。

梅毒の検査方法

梅毒はHIVと一緒に受けることがベストです。
どちらも血液を採取し、体内にウイルスの侵入でできる「抗体」の有無を確認します。

今のところ保健所で梅毒検査をしているところは少なく、病院で検査をすると1万円以上するのが相場です。
金銭面でも、時間面でもおススメは郵送の性病検査キットです。

HIV、梅毒をまとめて検査するキットを以下にまとめました。
価格順におススメの表になっています。

HIV,梅毒,B型肝炎の検査セット

B型肝炎も含んだ血液検査全般のセットです。
同じ血液検査の梅毒やB型肝炎が増えたからといって自宅で行なう負担は増えません。

検査機関で調べる項目が増えるだけなのでおススメです。

検査機関 価格 送料 公式HP おススメ度
STDチェッカー 8,370円 550円/メール便0円 クリック
GMEスタンダード 8,220円 0円 クリック
GMEローコスト 7,250円 0円 クリック
ふじメディカル 9,000円 550円 クリック

STDチェッカーはHIVと梅毒、B型肝炎の3種。
GMEはスタンダードもローコストパッケージもHIVと梅毒、B型肝炎とC型肝炎の4項目です。

ふじメディカルは、HIVと梅毒の他に、淋菌、クラミジア、トリコモナス、カンジダといった一般的な6項目を検査するキットです。
送料を入れても1検査あたり1,600円ほどになりとてもリーズナブル。
女性はふじメディカルの6項目を検査がベストかもしれません。

値段的にGMEが安いです。
ただ、C型肝炎は性交渉で感染することはほとんどないですが、含んでも価格は最安値なので、価格重視の人はローコストパッケージをおススメします。

B型肝炎はアジアを中心に海外では蔓延している病気で、もしも海外の人と行為がある場合や、その疑いのある相手と経験がある人はチェックしておくといいです。

どの検査機関も血液採取で行なうため、初めて検査で採取に不安がある人は、GMEのスタンダードかSTDチェッカーのセットがおススメです。

特にアナルセックス経験者・ゲイはHIV、梅毒のチェックしておくべきなのでベストなセットです。

梅毒の治療法

梅毒の治療と治療費についてはこちらに詳しく記載しています。

具体的な治療内容は・・・こちら。
梅毒の恐ろしき治療の実態と治療期間や費用面について知っておこう。

今は薬が出来たので、投薬治療で完治できます。

発見時期により投薬期間が変るので、遅ければ遅いほど治療に時間もかかり、お金もかかります。

梅毒は完治できるので怖い昔ほど怖い病気ではありません。
ただ、HIVとの重複感染の恐れもあり、疑わしい場合はすぐに検査しおきましょう。

梅毒について正しい知識を持とう!

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方