カンジダはこれさえ読めばOK、治療や予防の総まとめ

no

カンジダは女の人が見舞われる病気の一種です。
疲労やストレスが蓄積していくことで、体内の抵抗力が劣化するとたびたび発症することが多くなるめんどうな疾患だと言えます。

そのカンジダについてまとめました。

カンジダは厳密には性病では無いです。

カンジダはもとから人の体にいる常在菌が原因です。
健康な状況では免疫力で菌の異常繁殖を防げるのですが、一時的に免疫が弱ることで菌が増殖し発症します。

性器に発症しますが性病ではないです。そして、もともといる菌なので、感染する病気でもないのです。

カンジダの症状

炎症を起こし、性器周辺をむずがゆくします。
また女性にはオリモノの変化が現れます。

特徴的に白くボロボロしたカス状になっているのが特徴です。

そのほか、オリモノの異変をまとめているのはこちらです

カンジダはカビ同様で、湿度が高く温度が高い地点で繁殖し、症状をあらわします。
女性の性器や膣内はとても環境が良いわけです。

カンジダの治療と予防

カンジダは常在菌ですから、人間の体内に生息している菌です。わざわざ取り除く必要はありません。
炎症にかかっている部分に薬を使用して治療します。

詳しくはこちらを参考に

カンジタは薬で簡単に治療できます 

予防としては、まず免疫力を下げないように体をいたわることです。
肉体的、精神的な負荷がたまらないようにしましょう。また普段からムレない通気性が良好なインナーを着用することでも予防できます。

女性は性器周辺のかゆみや、オリモノの異変で気がつくことが多いです。
しかし、クラミジア、淋病、トリコモナスはどれも似た病状になることもあり、判断が難しいです。

オリモノに異変を感じたら、以下も読んでおいてください。
おりものの症状が気になる。黄色かったり、白かったり。 

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方