東京都感染症予防計画にHIV、性感染症対策が盛り込まれる

3/27 東京都の福祉保健局から「東京都感染症予防計画」の改定が出されました。
2020年東京オリンピック・パラリンピックも見据え、増加する外国人との接触や様々な病気への感染も増えると考えられています。

そこで、HIVだけでなく、新型インフルエンザ、結核やジカ熱のように蚊を媒介した病気などもあげられています。

書かれているのはHIVが「「コントロール可能な慢性疾患」ということです。

コントロール可能な慢性疾患

東京都感染症予防計画に書かれていたことは、HIVはすでに不治の特別な病ではないということです。
治らないけど、コントロールすることもできて慢性的な病気ということだということです。

その代わり、早期に発見できる体制をつくることと、中長期で支援が必要になることが明記されています。

ニュースリリースはこちら
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/27/15.html

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方