性病検査キットのメリットとデメリット

このサイトでは、自宅で性病を検査できる性病検査キットの利用をお勧めしています。

でも、誰にでもおすすめしているのかといえば、そうではありません。
性病検査キットはメリットもあれば、デメリットもあります。

メリットを強く感じる人に使用してもらいたいです。
このページでは性病検査キットのメリットとデメリットを分けて説明します。

性病検査キットのデメリット

最大のデメリットは陽性反応が出た時です。
検査キットはあくまでも「検査」しかできないので、治療ができません。

陽性の場合は結局のところ病院にいく必要があります。
最初から病院で検査を受けた場合は、検査=>結果=>治療とスムーズにいきます。

しかし検査キットでは、病院で再度検査することもあります。

再度検査する理由はさまざまあるんですが、医師はさまざまな可能性を考え、危険の漏れがないようにするからです。
ただ、検査キットによっては提携している病院もあるので、そちらを紹介してもらうと再検査をせずにスムーズに治療が行われます。

あとは、デメリットとしては検体採取のミスの可能性です。
ミスにより間違った結果を出す場合です。

検査キットでは尿、血液、粘膜採取をします。
尿、血液は楽なのですが、問題は粘膜採取です。

のど、膣の奥の粘膜をとる必要があるので、慣れていない人にはちょっと大変なんです。
初めての場合は少し手こずるかも。

その点、病院や保健所の場合は慣れたスタッフが行うので失敗はありません。

性病検査キットのメリット

精度自体は、検査キットも病院も同じレベル。
メリットもデメリットもないです。

最大のメリットは誰にもばれずに「不安」を消し去ることができる点です。
「性病かも」と思って調べたり、悩んでいてもその不安は消えません。

その症状が、病気なのか、それとも単に気になっているだけなのか?
気になる点があれば、検査キットで調べ、白黒つけるのが一番いい方法です。

性病検査キットは検査なので安いです。
結果として陰性であれば、これ以上にお金がかかることはありません。

病院で性病検査をすると、保険がきかないので高いです。
症状が明確ではない場合の性病の検査は検査キットのほうが明らかに安いです。

誰にもばれないのも利点です。
性病検査キットはユーザーのことを考えているので、配送、支払い、結果の通知にさまざまな対策をしています。

受取りの荷物はシンプルですし、結果の通知もインターネットのIDを使います。

病院で保険適用になれば、通院歴が保険組合などに連絡がいき、書面となって自宅に送られます。
家族にばれることもないとは思いますが、万が一みられると大変です。

また、検査を自分の都合のよい時間でできる点も大きなメリットです。

保健所は月に1回程度で、一番時間の制約が厳しいです。
時間が合えばおすすめですが、時間をとれる人のほうが少ないです。

病院も営業時間があり時間的な制約はありますし、費用面を考えると保険適用されずに検査するのはちょっと厳しいですよね。

改めて、性病検査キットで検査したほうがいい人はこちら

  • 症状が出ていない人
  • 性病の不安がある人
  • 危ない性行為をした人
  • 病院へ行く時間の無い人
  • 病院でばれるのが嫌な人人
  • 相手の多い人
  • 結婚する人

当てはまる人は1日でも早い性病検査キットによる判断をお勧めします。

検査できる病気

性病検査キットで多くの病気を見つけることができます。

  • クラミジア
  • のどクラミジア
  • 淋病
  • のど淋病
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • HIV(エイズ)
  • 梅毒
  • B型肝炎
  • C型肝炎

他にもあります。
でも、すべて検査する必要はないです。

検査しておくべき病気

HIVは必須です。
発病してからでは手遅れになる一番怖い病気です。

いろいろな相手がいる場合や、男性の同性愛者は検査しておくべきです。
今の医学では、エイズの発症を薬でコントロールすることができます。

エイズは無症状の期間に、少しずつ免疫を削って行くため、発症してから気がつくと手遅れです。
免疫が残っている早期発見できれば、薬でコントロールしほぼ寿命をまっとうできます。

梅毒はHIVと一緒に血液で検査するといいです。
梅毒の感染者はクラミジアなどに比べると、少なく症状もわかりやすです。
しかし梅毒の感染者はHIVの感染確立をあげるため、一緒に検査しておくといいです。

クラミジア・淋病も検査しておく必要があります。
クラミジアも淋病も蔓延しているので、感染しやすいですし、症状が現れにくいためです。

一応、淋病はどちらかというと症状が強く出るので、気がついたときは病院に行っているレベル。

B型、C型の肝炎のほか、トリコモナスとカンジダは優先順位は低いです。

検査しておく病気は、症状が現れにくいHIVとクラミジアです。

検査すべき人

男性の同性愛者は必須。
毎年新たに日本で見つかるエイズ感染の96%は男性で、70%が同性間での性交渉です。

厚労省の調査ではさすがにアナルセックスとは書きませんが、アナルセックスはとても危険です。
梅毒の危険もありますし、梅毒の場合はHIVの感染率も高くなります。

また、不特定のパートナーと性行為をした場合も検査が必要です。
コンドームのないセックス、アナルセックスの経験がある場合はあらゆる性病の危険があります。

「あの時のセックス大丈夫かな?」と思い当たる節がある方は、検査を受けておくことをお勧めします。

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方