性病になりやすい人の特徴 | 性病について知っておこう

no

性病は感染症なので、誰でも感染する可能性があります。
性病とよばれるので一般的な感染経路は性行為です。

インフルエンザやノロウイルスのように日常生活で感染することはほとんどありません。

性病に感染する原因は、病気を持っている相手と性行為をして自分の体内にその病原を侵入させることです。

性病になりやすい人とは

性病は病原によって感染力も違います。
HIV以外は結構感染力は高いです。

とわいえ、一概に言えませんが感染しやす人は以下のような人たちです。

  • 性行為の際にコンドームを使用しない
  • セックスフレンドがいる
  • 風俗に行くもしくは、パートナーが風俗に行っている
  • 過去、性に奔放な人と行為をセックスした

性病なので、性行為の経験人数が最も重要になります。
経験数が多い分、病気を持っている人と接触している可能性が高いわけです。

怖いのは「自分」が該当しなくても、パートナーやパートナーの元パートナーが該当している場合です。
自分にも感染のリスクがあるので、パートナーの過去はそれなりにチェックしておく必要があります。

HIVがエイズを発症するのは10年後

クラミジアや淋病といった性病の多くは、感染してから数日で症状が出ます。
女性の場合は症状が出にくく、気が付かないこともあり、感染してもそれほど怖いことはないです。

しかし、HIVは感染してもすぐにエイズという病気になることはなく、普通に生活が送れます。
一般に8-10年後に突然エイズの疑わしい症状がおきます。

それまで気が付くことも少なく、いきなり「エイズ」と診断される人も少なくないです。
エイズは体の免疫がなくなり、通常人が感染しない病気になり余命数年となります。

HIVはエイズの発症前に治療を始めると完治はできないにしろ、エイズの発症を数十年遅らせることができます。

HIVを含め性病は必要以上に恐れる必要はありません。
正しく知って、疑わしい場合はすぐに検査をしておけば大丈夫。
早い段階で病気が見つかれば大事になることはありません。

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方