クラミジアの症状、男性女性で見分ける方法! | 性病について知っておこう

no

クラミジアは日本で最も感染者数が多い性病です。

厚生労働省の調査やなどから推定すると、100万人は感染者がいるのではないかといわれています。
また、実際に感染に気が付かず、妊娠後に知るケースもあり発見も難しいです。

「自分だけ」は大丈夫だと思っていても、もしかするとすでに感染しているのかもしれないというとても身近な性病なのです。

ここでは、クラミジアの特徴的な症状の他、予防方法なども紹介します。

クラミジアは発見が難しい

クラミジアに感染した時に、免疫力が低下していれば、症状が出やすいのかもしれません。

クラミジアは症状が出るまでの潜伏期間は感染行為から3日から数日程度だと言われています。
実際のとこと男性では半数、女性では8割近くが症状を確認できないほど、軽度です。

しかし症状が出なくても、治ったり、感染していないわけではありません。

症状がなくても、尿道にクラミジアが潜伏していれば、パートナーへ感染してしまう可能性があります。

そして、クラミジアをそのまま放置し続けると、男性は尿道から精巣上体に炎症が広がり管を圧迫したりします。
また女性は卵管に炎症が残り、不妊の原因にもなってしまいます。

男性に比べて女性のほうが症状に気づきにくく、しかも深刻な身体的影響を受けやすいです。

ここからは男女別のクラミジアの症状を紹介します。

男性のクラミジア症状

男性がクラミジアに感染すると、まず初期の尿道炎が起こります。

性器からの膿がでる

クラミジアに感染して膿がでると、水っぽくて薄い白色や透明なことが多いです。
また、量も少ないので気づかないレベル。

発見するには、朝起きたときに下着に乾いた膿がついて気が付くくらいです。

おしっこが痛かゆい

尿道がすこし熱っぽく、おしっこをすると、少し痛みを感じることが多いです。
でも我慢できるレベルですし、多少の違和感くらいです。

その他、残尿感もありますが、気が付かないケースが多いのが特徴です。

進行すると「タマ」が腫れる

男性のクラミジアの症状はまず尿道炎で始まります。

でも多くの人が気が付かないことが多く、治療せずに放置したりしていると精巣上体炎に進行することがあります。
精巣上体とはタマ(睾丸/陰嚢)の上の部分のことで、そんなところに炎症が広がります。

人によっては、クラミジアの尿道炎の症状に気が付かず、いつの日かいきなり精巣上体炎にになります。

精巣上体炎になると症状は、

  • タマが腫れる
  • タマが痛い
  • 発熱する

という症状が現れるケースが多いです。

タマは人により大きさもふくらみも異なるので、なかなか人が気付くには難しいです。
触ると痛みを感じることもあります。

また痛みも軽いことがほとんどでほとんど気が付かず、発熱も微熱程度で全体的に症状が軽いことが多いです。

ただ精巣上体炎になると、治っても炎症が残ることがあり、精子が通りにくく男性の不妊となることもあります。

下腹部が痛い

クラミジアが前立腺に炎症を起こすこともあります。

前立腺に広がると、残尿感、おしっこの痛みの他に性器周辺や下腹部に鈍い痛みがでます。
前立腺炎の直接の原因になっているかはわかりませんが・・・。

男性の場合は、最悪のケースで不妊の原因になることもあります。
ただ、女性に比べると自覚する症状はあるので、発見して適切な治療を行えば、大きな問題になることは少ないです。

しかし女性のクラミジア感染では、深刻な事態になることが多いです。
もちろんその原因は、男性との行為なので、男性もクラミジアに感染することは避けたいところです。

女性のクラミジア症状

男性でも症状に気が付かないことが多い病気ですが、女性はさらに症状に気が付きにくいです。
それでいて、放置すると重篤な状況になります。

女性が症状で気付くのは、感染者の2割程といわれています。
これが、クラミジアが蔓延する1つの問題点です。

症状がないために感染に気づかず、クラミジアを放置したまま性行為をすることで、男性の感染者が増え、また違う女性が感染していく連鎖があるんです。

クラミジアは膣から侵入し、子宮頸部(しきゅうけいぶ)や子宮頸管(しきゅうけいかん)に感染が広がります。
最初は子宮頸管炎を症状として出ていきます。

子宮頸部は膣の奥にあたる部分で、子宮の入り口。
ここには痛みを感じる神経がほとんどなく、炎症に気が付きにくいです。

一般的な症状として

  • おりものが増える
  • 不正出血
  • 下腹部痛
  • 性交時の痛み

子宮頸管炎では、オリモノが増えます。
色はオリモノの周期にもよりますが、白色から薄い黄色の水っぽいものが出ます。

ただ、通常の周期の状況と変わりはほとんどないのが現実でわかりにくいことがほとんどです。

また、子宮頸管に炎症があるので、出血しやすくなり少量の不正出血がでます。
他にはセックスのときに痛みや下腹部の違和感、軽い生理痛のような痛みがでることもあります。

症状は軽い気が付かない

クラミジアに感染した女性の一般的な症状は、上記のようなものです。

ただ、何度も言いますが、症状に気が付くことが珍しく、多くは無症状という状況です。

ほとんどは、症状がでてもすぐに軽くなり、自然治癒と勘違いするかもしれません。

もちろん自然治癒はありません。

クラミジアが進行すると怖い

始めは入り口で炎症がおきますが、進行すると

子宮内膜、卵管と卵巣、骨盤腹膜

これらに炎症が進むことがあります。

特に卵管と卵巣の炎症は気を付けなければいけません。
卵管は卵子や精子の通り道となるところで、ここにクラミジアが感染すると卵管炎となります。
卵管の感染が進むと、卵巣にも感染し卵巣炎をおこすこともあります。

症状は、卵管や卵巣が腫れ下腹部に痛みが出たり発熱が出ることが多いです。
圧迫され痛みを伴うこともあるので、性行為で痛みが出ることもあります。

怖いのは、炎症が残り卵管が狭くなったり閉じてしまうことがあります。
もしも卵管が閉じてしまうと卵子・精子が通ることができず、正常な妊娠が難しくなります。

現在では不妊治療が進んでいるので、手術などで治療も可能ですが、やはり手術は避けたいですよね。

女性がクラミジアになると、卵管に炎症が広がり不妊や子宮外妊娠の原因になるので感染したくない病気です。

クラミジアの感染原因

感染経路のほとんどは性行為です。
クラミジアは感染している人と直接粘膜が接触する事で感染する病気です。

クラミジアの原因は細菌なので、いわゆる空気中や水中では活動できません。
感染している人がどれだけ近くで接しても、空気感染する事はありません。

また、サウナや風呂などで感染することはゼロではないにしても、まず考えにくいです。
感染者の精液や体液が付いたタオルなどを、ほとんど外気に触れず、自分の粘膜に取り込めば・・・感染する可能性はあるのでしょうが。
まずありえないシチュエーションです。

心当たりが無いのに、感染してしまうという場合は、気づかない間に感染している可能性があります。
多くの場合自覚する症状がないので、実は病気ではないと思っている人が、病気だったりすることがあります。

性行為が感染原因

何度も繰り返しになりますが、クラミジアは性行為によってのみ感染する性病です。

条件にもよりますがパートナーがクラミジアにかかっていれば、1回の性行為で感染する危険性は約50%。
まあ、普通にパートナーと性行為をすればお互い感染してしまうわけです。

決して低い確率ではないので「感染者との性行為」に少しでも思い当る場合はすぐに病院に行くことをお勧めします。

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方