梅毒の見分け方とその方法

no

自分が梅毒にかかっているかもしれない。
近年爆発的に感染者が増えているのが梅毒です。

以前は男性同士の間でしか蔓延していない少しマイナーな病気だったかもしれません。
しかし今は異性間での性行為で感染が広まり、男性から女性だけでなく女性から男性にも感染が広まっています。

では自分が梅毒かもしれない、相手が梅毒かもしれない・・・そう思ったときどのようなことで判断すればいいのでしょうか。
ここでは梅毒の見分け方を説明します。

そもそも梅毒に感染するには以下のことが必要

梅毒に感染するには、

  • 梅毒の相手と性行為する性的感染
  • 輸血や針刺し事故などの血液感染
  • 母親からの母子感染

この3つです。

血液感染や母子感染は病院や特殊な環境でおこるので、日常生活では考えにくいです。

現在梅毒に感染する人の多くは

梅毒に感染した人との性行為による性的感染

こちらが圧倒的に多いです。

なので、疑わしい相手と性行為が無ければ感染することはありません。

性的感染の種類

  • セックス
  • オーラルセックス
  • アナルセックス
  • おもちゃなどの共用

梅毒の感染者と、以上の行為をすると感染する可能性があります。
そして梅毒の感染確率はとても高いです。

その1つの例が、発見から20年程度で世界に広まりました。
しかも、まだ飛行機もない時代にアメリカ大陸からヨーロッパに伝わり、20年後に日本に伝わったのです。

だいたい感染者と生でセックスをすると、30%程度で感染するのではないかといわれています。
もちろん行為の長さや別の疾患の状況にもよります。

HIVが1%以下という中でみると極めて高い感染率です。

梅毒は怖い?

梅毒は、現在治療して完治できるので特別怖い病気ではありません。
進行すれば脳がおかしくなって死んでしまいますが、今は特効薬もあるので完治します。

ただ、怖いのはHIVと一緒に感染することです。
因果関係はわかりませんが、HIV感染者は梅毒に感染している確率が高いです。

おそらくHIV感染者と梅毒感染者が似た層なのだと思われています。
男性同士の行為をする人、出会い系や風俗などで不特定の人と行為をする人、海外の人と関係を持つ人。
こんな感じです。

梅毒は自覚症状がない時期が長くあり、その間にHIVに感染しているのかもしれません。
HIVは残念ながら今のところ完治できる薬はないので、一度感染すると過酷な人生が待っています。

自覚症状がなくても梅毒もHIVも感染者と行為をすれば、感染率があり、低くなるわけではないです。
梅毒は完治するからと言って軽く考えるのはとても怖く、感染の可能性を感じたら早期発見が重要です。

梅毒の見分け方

梅毒は進行すると、特徴的な皮膚疾患をするので簡単に見分けがつきます。
しかし梅毒の怖いのは、皮膚疾患が自覚できる時はすでに、病気が進行してしまっている時期です。

潜伏期間がとても長く、途中の症状も一時的。
梅毒の症状について

症状や外見だけで見分けがつかないことが多くあり、HIVも梅毒も自覚症状がなく、気が付かずに体がむしばまれているのです。
症状がなければ病院にいってもすぐにわかりません。

簡単に見分ける方法の1つは血液検査です。

梅毒なのか見分ける血液検査

梅毒のウイルスが体内に入ると、「抗体」が体の中にできます。
その抗体の有無を血液で検査ができるようになっています。

血液を少量採取し、確認するだけです。
検査専門の病院だと、8000円程度で検査ができます。

梅毒の検査ができる場所

梅毒の検査ができるのは大きく4種類です。

  • 一部保健所
  • 検査専門病院
  • 一部の病院
  • 郵送検査

保健所では、定期的にHIV検査を行っており、保健所により一緒に梅毒の検査もできるようになっています。

梅毒の検査をしていない場合もあるので以下確認。
保健所で検査する時の確認ポイント

病院の中には性病検査専門の病院があって営業をしています。
性病検査はいわゆる自由診療になり、様々な検査が可能です。

だいたい梅毒の検査料金は8000円です。

また一般の病院でも梅毒の検査の準備があります。
母子感染の可能性があるので、産婦人科では準備がされていますが、検査するかは医師の判断です。

病院で血液をとって検査専門の会社に検査を依頼します。
ただ、実際に梅毒に感染している人は少ないので、可能性が低い中で検査は行われない傾向があります。

もっとも簡単に検査ができるのは「郵送の検査キット」です。
検査専門の会社が直接キットを販売しています。

梅毒だけだと4000円前後が相場。
HIVを追加しても8000円程度で検査ができます。

梅毒の検査は自宅でできる。

スマホで注文して、翌日に採取セットが届き、血液をろ紙にしみこませて返却します。
検査会社で確認し数日で結果を教えてくれます。

わざわざ保健所や病院にいって順番を待つ必要もなく、とても簡単です。

梅毒を見分けるには「進行してから症状が出るのを待つ」か「先に自分で検査する」この2つしかありません。
梅毒は症状が出る前にしっかりと検査しておくべきではないでしょうか。

梅毒について正しい知識を持とう!

あわせて読みたい:


管理人のYASU イチオシの性病検査キット
STDチェッカー


その特徴は
  • 厚労省の精度検査で「100%完全一致」した唯一の郵送検査事業者。
  • コールセンターは性感染症学会認定士など専門家が対応
  • 全国42,000の医療機関ネットワークで万が一の時も紹介してくれる
  • 採取を失敗しても再検査を無料で実施してくれる
  • 注文者と一切紐づかない、完全匿名検査
  • 宅配便注文で全国翌日受取可能!
  • メール便は送料無料で、不在でも受けとり可能

数ある郵送検査キットのなかでも、信頼性がもっとも高い郵送検査キットです。
2015年に公開された厚生労働省のエイズ対策研究事業の精度検査で、唯一精度100%という結果になりました。

また、性病検査のスペシャリスト企業なので、コールセンターも性感染症学会認定士など専門家が対応し、万が一陽性だったとしても安心です。

よくわかる検査キットの探し方