梅毒の感染経路と感染率

梅毒の感染経路は?

一般的に「性交渉でうつる」と理解されている梅毒ですが、具体的にどんな行為をさすかと言うと

  • セックス(一般的な、男女による挿入から射精までの行為)
  • アナルセックス(異性間・同性間を問わず、挿入からの射精を伴う行為)
  • オーラルセックス(異性間・同性間を問わず、体液の直接接触を伴う行為)

以上、3つの行為のことです。

梅毒トレポネーマという病原菌を持つ相手との、直接接触感染によってうつります。

梅毒の感染率、感染者数は今?

2014年、感染者数は過去10年間中最も多い1,683人にのぼっています。

10年前(2004年)の年間感染者数は、575人。
この10年だけで、既に3倍近い水準にまで達しています。

中でも、同性愛(ゲイ)カップルが日本の梅毒感染者の40%を占めているといわれ、感染の割合は非常に高いです。
HIVも同性愛が多いので、注意が必要です。

梅毒について正しい知識を持とう!

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方