HIVの初期症状は発熱がもっとも多い

HIVの初期症状で一番多いのは「発熱」です。
そのほか、主な症状は風邪やインフルエンザに似ています。
熱が出たり、リンパ節のある足の付け根、首筋がこったりはれたりします。

発疹以外はほぼ風邪やインフルエンザに近い症状がでるのが特徴です。

HIVの初期症状は主に発熱、のどの痛み、咳、頭痛、鼻水、筋肉痛が主です。
そのため風邪やインフルエンザの症状と間違えます。

風邪などで通院する病院で、疑わしい性行為を医師に伝えなければ、「風邪ですね」と診断されるでしょう。

【そのほかの症状】

症状 発生率
発熱 96%
リンパ節の腫れ 74%
咽頭炎 70%
発疹 70%
筋肉痛と関節痛 54%
下痢 32%
頭痛 32%
吐き気、嘔吐 27%
肝臓と脾臓の腫れ 14%
体重減少 13%
口腔カンジダ 12%
神経症状 12%

症状が出る期間

発熱しているのは体内でHIVウイルスが爆発的に増殖しているからです。
その為、体内の免疫が抵抗して、発熱の症状を起こすわけです。

これだけ見ていれば、インフルエンザやほかの感染症と似ているんですけどね。

一応、期間としてだいたい2週間程度続きます。
そしてここから数年間は無症状の状態が続く事になります。

どうすればHIVとわかる?

まず、通常の病院で血液検査をしてもわかりません。

感染をするような行為があって、疑わしい初期症状が出たら検査を受けることをお勧めします。
発症率は50%以上で、だいたい行為から12週間ほどが目安です。

ただ、上のような症状が続き、思いあたる性交渉がある場合は、少しでも早く検査しておくといいです。
疑わしい症状が出たころに1回して、思い当たる性交渉から3ヵ月後にもう1回やってみるといいです。

このまま悩んでいても、HIV感染に怯えノイローゼ気味になってしまいます。
結論からいうと、HIV検査をして白黒ハッキリさせるしかないのです。

先延ばしにしても、永遠にその悩みからは逃れられません。
だって、HIVには全く症状がない期間が何年も存在するからです。

そして次に気がついたときはもう手遅れ。

今の治療技術では、早く発見出来れば、エイズの発病を遅らせることも可能になっていて正しく治療を行なえば健康な人とほとんど変らない寿命を全うできます。

だからこそ早期に発見したいですね。

エイズ HIVのお勧め検査キット

HIVは単体での検査が可能です。

検査は血液採取のタイプで簡単に行えます。

ふじメディカル
ふじメディカル
HIV検査

HIV感染の初期症状では、かぜのような症状が出ることがありますが、ほとんど症状の出ない事が多いので注意が必要です。こちらのキットではHIVの抗体ができているかの、HIV抗体スクリーニング検査をすることができます

GME検査研究所
GME検査研究所
エイズ・HIV抗体検査

HIV感染は、早期に発見し適切な時期に治療を開始することで、HIVの増殖を抑えて発症を防いだり、遅らせることができるため、通常通りの生活が可能となります。

STDチェッカー
STDチェッカー
STDチェッカー タイプJ

HIV感染の早期発見・早期治療で、エイズの発症をおさえることができます。検査がとても大切。気になる方は、ぜひ検査を受けましょう。

 販売元  ふじメディカル GME検査研究所  STDチェッカー
 キット名 HIV検査
エイズ・HIV抗体検査
STDチェッカー タイプJ
 金額  3,300円  3,440円 4,968円
 チェック項目  エイズ HIV  エイズ HIV エイズ HIV
 支払い 代金引換
クレジットカード
銀行振込
代金引換
クレジットカード
銀行振込
代金引換
クレジットカード
銀行振込
 必要日数  4-7日  4-7日  4-7日
 公式サイト ふじメディカル
【GME医学検査研究所】
性病検査 STDチェッカー
 オススメ度  ★★★★★  ★★★★  ★★★

HIVについて正しい知識を持とう!

あわせて読みたい:

よくわかる検査キットの探し方